それぞれの口座タイプの詳細オススメの使い方

XMの口座タイプの詳細と口座タイプごとのオススメの使い方を紹介する。
どの口座タイプも特徴的なものとなっているので、内容をしっかり把握して、取引を有利に進めよう。

マイクロ口座

本口座の特徴は通貨単位だ。
マイクロという名前の通り、通貨量は1lot=1,000通貨、0.01lotからトレードが可能となっている。
従って、トレード練習中の初心者や、lotを抑えたトレードを行いたい人にはもってこいの口座タイプとなっている。
本口座のオススメの使い方は、低いlot数を活かして練習や検証トレード時での使用だ。

スタンダード口座

本口座の特徴はマイクロ口座と同様、通貨単位だ。
通貨量は1lot=100,000通貨、0.01lotからトレードが可能となっている。
また、各ポジションごとの最大lotは50lotとなっている。
スタンダード口座は、資金量に余裕のある中級者から上級者の利用をメインに考えられている。
本口座のオススメの使い方は、大きな資金量で最大lot数を活かしたダイナミックなトレード時での使用だ。

ゼロ口座

本口座の特徴は、低いスプレッドだ。
通貨量は1lot=100,000通貨、0.01lotからトレードが可能となっている。
また、各ポジションごとの最大lotは50lotとなっている。
ゼロ口座は、スプレッドを抑えた取引を行う際に利用すると良い。
ゼロ口座のUSDJPYの平均スプレッドは1.1pips(手数料含む)、
スタンダード口座のUSDJPYの平均スプレッドは1.6pipsなので、0.5pipsもスプレッドを抑えることができる。(ただし、ボーナス等の特典は受けられないので注意が必要だ。)
本口座のオススメの使い方は、大きな資金量でスプレッドを抑えたトレードを行いたい場合での使用だ。

まとめ

以上、XMの口座タイプの簡単な説明、オススメの使い方をまとめた。
それぞれの口座タイプの特徴を理解し、売買戦略や資金の状況に応じた口座タイプを柔軟に選択して、FX取引を有利に進めよう。
海外FX おすすめ